頭痛薬の副作用に要注意|病院を受診することも検討しよう

医者

いろいろな原因がある

看護師

適当に服用しない

頭痛に悩まされている人は、市販の頭痛薬を活用することがあります。しかし、適当に服用してはいけません。中には全く効果を期待できないものもあるからです。逆にかえって症状が悪くなってしまうこともあります。まずは原因を探ることが重要です。病院を受診して、何が原因の頭痛なのか検査を受けてみることをお勧めします。それによって合う頭痛薬も把握できます。もちろん、病院で処方される薬が一番です。もしくは原因が分かれば、それに合う薬をドラッグストアなどで購入してみるというのもいいかもしれません。いずれにしても、自己判断で適当に薬を服用しないようにします。どうしても病院に行けないという人は、市販薬を利用することも仕方ありません。その際、薬剤師にきちんと症状を伝えます。また、ドラッグストアの薬剤師も、できれば病院を受診するように勧めてくるものです。その方が確実に症状を改善できるからです。場合によっては、何らかの重篤な病気が隠されていることもあります。最近はストレスによる頭痛の人も増えてきているので、その点も念頭に置いた方がいいかもしれません。ストレスの場合、精神科や心療内科を受診すれば、改善できることもよくあります。

適切な科を受診しよう

頭痛薬は家庭に常備されており、頻繁に服用しているという人もいるものです。しかし、頻繁に服用していると耐性ができてしまい、だんだん効かなくなってくることもあります。この場合、できれば病院を受診すべきです。その方が、各人に合ったいろいろな頭痛薬を提案してくれるからです。よく間違われがちなのは、特に検査結果に悪いところがなかった場合です。異常がないので、自律神経失調症や更年期障害の可能性があると診断されることがあります。その症状の一つだと言われてしまうこともあります。この場合、一般的な頭痛薬が処方されます。しかし、原因が心の病気にあるのならば、この薬は効きません。セカンドオピニオンも検討してみる必要があります。うつ病などの心の病を抱えている人も、頭痛で悩まされることがあります。この場合、精神科や心療内科で処方される頭痛薬が効果的です。一般的な頭痛薬とは違っており、すぐに効果を期待できます。このように、選択する病院によって治療薬は違ってくるため注意が必要です。まずは原因を調べてみることがポイントです。それによって処方される薬も違ってくるだけではなく、改善までの道のりも違ってきます。心の病の場合、頭痛薬を所持しているだけでも安心できるという人がいます。そのためだけでも、精神科や心療内科を受診してみる価値はあります。