頭痛薬の副作用に要注意|病院を受診することも検討しよう

医者

自分に合う薬で治す

目頭を押さえる婦人

タイミングが大切

病院で処方される頭痛薬は、市販の薬に比べて効果が高い傾向があります。痛みの発生するメカニズムに合わせて開発されているため、速やかに効くのが利点です。特に発生に独特のメカニズムが働く偏頭痛は、病院の処方薬が必要となります。偏頭痛の治療に使われる頭痛薬は、数タイプに分かれます。特に広く用いられているのが、トリプタン系製剤とエルゴタミン製剤です。このような薬には、それぞれ服用にベストな時期が定められます。偏頭痛は何らかの前兆を経て、徐々に痛みが悪化していくことが多いです。その段階にベストな頭痛薬を選ぶことで、より早く痛みを治すことが出来ます。病院では頭痛のパターンやライフスタイルなどを考慮して、薬を決めるのが一般的です。ですので診察の際には、自分が使いやすいタイプの薬を希望するよう心がけます。トリプタン系製剤は、ある程度痛みが出てからでも鎮痛効果がある薬です。従って、すぐに薬の服用が難しい場合にも使いやすいと考えられます。頭痛は共依存と呼ばれる現象が起こりやすく、別の病気の存在が懸念される症状です。うつ病やアレルギー、高血圧などは頭痛を併発しやすく、病院での相談が求められます。心療内科や精神科に通院している場合は、特にこのような対処が必要です。

血管や神経に働きかけます

血管や三叉神経の作用によって、発生するのが偏頭痛です。病院で処方される偏頭痛のための頭痛薬は、こういった部分に作用して痛みを鎮めます。例えば、拡張している血管を元の状態に戻し、痛みの伝わりを防ぐのがトリプタン系製剤です。血管と三叉神経に同時に働きかけることで、このような効果が表れてきます。痛み発生のメカニズムを後からリセット出来るのが、このトリプタン系製剤の強みです。従って、痛みが感じられてから服用しても、十分効果が得られます。この薬は、余り早い段階では効かないのが特徴です。トリプタン系製剤と合わせて使われているのが、エルゴタミン製剤です。エルゴタミン製剤は、血管の拡張を抑えるのが主な作用と言えます。ですので、出来るだけ早い段階で飲むことを推奨されている薬です。血管がひろがり始めると同時に飲めば、本格的な偏頭痛が始まるのを防げます。エルゴタミン製剤とトリプタン系製剤を、同時に利用することは不可能です。従って、どちらかを選んで利用します。妊娠中の方は使える頭痛薬が限られてくるため、医師と十分に相談することが大切です。薬によっては軽い副作用が現れることもありますので、慎重に利用を行ないます。